睡眠リズムが狂う「社会的時差ボケ」 不調の原因に

睡眠リズムが狂う「社会的時差ボケ」 不調の原因に
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 睡眠リズムが狂う「社会的時差ボケ」 不調の原因に

生活上の事情で睡眠のリズムが狂う「社会的ジェットラグ(時差ボケ)」が問題になっている。睡眠時間の減少や体調不良につながり、仕事の効率低下や生活習慣病の原因にもなるとされる。思うように睡眠時間をとれないのは現代人の宿命だが、夜型生活や無理な朝活を見直すなど工夫の仕方はあると専門家は指摘する

  • 人には睡眠をはじめ生理状態の1日のリズムをつかさどる「生物時計」が備わっている。
  • これと社会生活上の時間のミスマッチが起きることや、それに伴う心身の不調のことを社会的ジェットラグと呼ぶ。
  • 社会的ジェットラグが心身に及ぼす影響は通常の時差ボケの場合とよく似ているものの個人差も大きい。
  • 午前中に能率が上がる人を「朝型人間」、夜に調子が上がる人を「夜型人間」と呼ぶが、これはその人の体内時計のタイプの違いによる。

続きはNIKKEI STYLE(日本経済新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう