消費者庁- 子どもの事故

消費者庁- 子どもの事故 - ほけんだよりプラス
平成29年度 消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告

2016年、「不慮の事故*」によって14歳以下の子ども292人の命が失われています。子どもの「不慮の事故」による死亡数は長期的には大幅に減少し、1980年から2015年の35年間で10分の1以下になりました。子どもの「不慮の事故」の死因内訳をみると、「0歳」では「窒息」が約9割を占めており、「溺水」は、「1-4歳」で45.6%、「5-9歳」で52.9%、「10-14歳」で52.6%と、1歳以上で約半数を占めています。
*不慮の事故:交通事故、自然災害を除く
子どもの事故

子どもの「不慮の事故」による年齢層別の死因内訳(2016年)

子どもの「不慮の事故」による年齢層別の死因内訳(2016年)

2016年の子どもの死因

2016年の子どもの死因

子どもの「不慮の事故」による死亡数の推移

子どもの「不慮の事故」による死亡数の推移


ここから先は、「Schoowell(スクウェル)」の
メンバー限定(登録は無料)のコンテンツとなります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう