子どものけいれんの対処法=基本は見守り、長く続いたら受診

子どものけいれんの対処法=基本は見守り、長く続いたら受診
出典:時事メディカル – 子どものけいれんの対処法=基本は見守り、長く続いたら受診

  • 幼い子どもが突然けいれんを起こすと、救急搬送されることが少なくないが、実際には緊急性のある重症のケースはそれほど多くはない。
  • 「原因はさまざまです。冷静でいるのは難しいと思いますが、焦らないことが大切です」。
  • まず、けいれんの発作は、そのまま重い病気を意味するものではないということだ。「例えるなら『せき』と同じ。肺炎やぜんそくの場合もあれば、風邪やちょっとした喉の不調でも出ます。
  • けいれんも、それ自体は一つの症状にすぎず、命にかかわる病気や後遺症が残ることはまれです。

続きは時事メディカルのサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう