おたふく風邪、昨年の流行収束しないままシーズン入り

おたふく風邪、昨年の流行収束しないままシーズン入り
出典:yomiDr(読売新聞) – https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170316-OYTET50006/

  • 春から夏に感染者が増える流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が、約5年に1回とされる昨年の全国的流行が収束しないまま、今季のシーズンを迎えそうだ。。
  • 例年より患者が増える恐れもあり、難聴などの合併症を防ぐため、専門家がワクチン接種を呼びかけている。。

続きはyomiDr(読売新聞)のサイトで

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

流行性耳下腺炎は、耳下腺などの唾液腺が急に腫れてくることを特徴とする疾患で、「おたふくかぜ」ともいわれます。おたふくかぜは、無菌性髄膜炎*を併発したり、永続的な難聴の原因にもなるので、注意が必要です。成人では、精巣炎や卵巣炎などの合併症を併発することがあります。春から夏にかけて幼児から学童に多くみられ、保育所、幼稚園、小学校での流行が多くなります。 …


この記事が気に入ったら
いいね!しよう