子どもにも「ロコモ」 生活に体動かす遊びを

子どもにも「ロコモ」 生活に体動かす遊びを
出典:時事メディカル – 子どもにも「ロコモ」 生活に体動かす遊びを

体を動かす筋肉や骨、関節など運動器の障害により、「立つ」「歩く」といった基本的な動作能力が低下する「ロコモティブシンドローム(ロコモ、運動器症候群)」。高齢者の症状と思われやすいが、最近、しゃがめない、片脚立ちでふらつくといった子どもが問題になっている。「NPO法人全国ストップ・ザ・ロコモ協議会」副理事長を務める林整形外科(さいたま市)の林承弘院長に「子どもロコモ」について聞いた。

  • 跳び箱で手首を骨折したり、転んで歯を折ったり、危険回避能力が備わっておらず、腰痛、肩凝りなど、体に深刻なトラブルを抱える子どもが目立つようになってきた。
  • 埼玉県医師会が県教育委員会と協力して、県内の幼稚園児から中学生までの1343人を対象に行った調査を実施。
  • 〔1〕片脚でしっかり立つ〔2〕腕を真っすぐ上げる〔3〕しゃがみ込む〔4〕体を前屈させる―という基本動作が一つでもできない子どもが約4割に上り、運動機能不全の兆候が見られた。
  • 子どもロコモは、運動不足やゲームのし過ぎなどで姿勢が崩れていることが要因。
  • 生活習慣を見直すことが大切だが、早期に効果を上げるため「子どもロコモ体操」が推奨されている。

続きは時事メディカルのサイトで

参考:ロコモを知ろう | ロコモONLINE | 日本整形外科学会公式



この記事が気に入ったら
いいね!しよう