子どもの中耳炎をスマホで検査、精度は病院の検査に匹敵

子どもの中耳炎をスマホで検査、精度は病院の検査に匹敵
出典:DIAMOND Online – 子どもの中耳炎をスマホで検査、精度は病院の検査に匹敵

 ここ数年、「治療・診断アプリ」が医療用として認可されるケースが増えてきた。

 先月、米ワシントン大学の研究者らが中耳炎など耳の感染症をスマートフォン(以下、スマホ)で検出できる方法を開発し、注目されている。

  • 急性中耳炎は、病原菌が鼻の奥から耳に続く「耳管」を通って「中耳」に入り、炎症を起こす感染症。
  • 耳の激しい痛みや発熱、耳だれなどの自覚症状がある。聞こえが悪くなることもある。
  • 成人の発症は少ないが、子どもの耳管は短く、水平に近いので細菌やウイルスが侵入しやすい。
  • このため乳幼児の6~7割が小学校に入学するまでに一度はかかる。
  • 8割は自然に回復するが、痛みや苦痛をうまく訴えられない乳幼児では親の判断が重要。
  • 研究者らは、市販のスマホに標準装備されているスピーカーから「ピッピッピ」という信号音を外耳道に送り込み、鼓膜からの反射信号をスマホのマイクで集音して、機械学習されたアルゴリズムで分析する方法を開発。

続きはDIAMOND Onlineのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう