変異種が続々発見される新型コロナ 子供たちは大丈夫なのか

変異種が続々発見される新型コロナ 子供たちは大丈夫なのか
出典:日刊ゲンダイ – 変異種が続々発見される新型コロナ 子供たちは大丈夫なのか

世界中で新型コロナウイルスの変異種が次々と見つかっている。昨年末に英国で発見され、日本でも存在が確認された変異種は、昨年3月以降に出現した欧州型(D614G)がさらに変異したもので、遺伝情報の「N501Y」に変異が見られた。一方、ブラジルからの渡航者から発見された南アフリカの変異種は、「N501Y」に加えて「E484K」にも変化があるという。いずれも、新型コロナウイルスの表面にある突起物(Sタンパク質)の分子が変化したもので、強力な感染力を持つといわれる。

  • 新型コロナウイルスは主にSタンパク質をヒトの細胞の表面にあるACE受容体と結合させることで細胞内に侵入。
  • 細胞内の器官を乗っ取ってタンパク質を合成しウイルスを増殖させる。
  • 変異種の登場で、従来種では比較的“安全”とされた子供たちへの影響はないのか?。
  • 変異種の感染力の強さは1日当たりの新規感染者の増加数を見ればわかる。昨年12月3日と今月9日を比べると、英国では1万4878人から5万9937人へ、南アフリカは4400人から2万1606人と短期間で激増している。

続きは日刊ゲンダイのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう