目まい頭痛に倦怠感…「寒暖差疲労」にうつ病リスクも

目まい頭痛に倦怠感…「寒暖差疲労」にうつ病リスクも
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 目まい頭痛に倦怠感…「寒暖差疲労」にうつ病リスクも

寒さが厳しくなるこの時期は、気温変化や暖房の利いた室内と外気との温度差による頭痛やだるさに悩む人も多い。「寒暖差疲労」とも呼ばれ、放置すると日常生活に響くだけでなく、うつ病などにつながるリスクもある

  • 寒暖差疲労の主な症状は頭痛や目まい、疲労感、体の冷えなど。季節の変わり目に加え、日中の気温の変化や空調の利いた室内と外部の温度差などがきっかけとなる。
  • 寒暖差疲労は自律神経の機能が乱れることで発生。
  • 外気温の変化をうけストレスがかかると交感神経が優位になり続けるなどして、体調を崩してしまう。夏場のクーラー病が典型。
  • 寒暖差疲労は単なる頭痛ですまないリスクもある。川嶋教授は「寒暖差疲労が悪化するとうつ病を発症する場合もある」と話す。

続きはNIKKEI STYLE(日本経済新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう