高所得家庭の子、学業がストレス 日本医科大調査

高所得家庭の子、学業がストレス 日本医科大調査
佐賀新聞 – 高所得家庭の子、学業がストレス 日本医科大調査

  • 貧困状態にある家庭だけでなく、高所得世帯の子どもも、標準的な所得の家庭に比べて不安を感じている割合が高いという調査結果を日本医科大の可知悠子助教らの研究チームがまとめた。
  • 可知助教は「貧困が子どもの心に影響することは想定しやすいが、高所得の子どもも勉強のプレッシャーなどがある」と指摘。
  • 調査は2007、10、13年の3年分の国民生活基礎調査に参加した12~18歳、計9491人のデータを分析。
  • 何らかのストレスを感じていると答えた子どもは全体で41%。原因を聞くと、人間関係や家庭の経済状況を挙げる割合が貧困層で最も高かった。
  • 一方、学業が原因としたのは高所得層が75%と最も高い割合だった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう