Schoowell事務局の記事一覧

<岡山県>子どものワクチン接種は確実に 3月1日から「予防週間」

<岡山県>子どものワクチン接種は確実に 3月1日から「予防週間」

出典:岡山の医療健康ガイド MEDICA – 生後2カ月から始まるワクチンの予防接種。かつて日本では、欧米に比べて使用できるワクチンが少なかったが、現在は国際水準に追いついた。 そのことが接種回数の増加につながってスケジュールが複雑化し、混乱する親も少なくない。 3月1日から「子ども予防接種週間」(7日まで...
先端がグニャリと曲がる 喉に刺さらない歯ブラシ

先端がグニャリと曲がる 喉に刺さらない歯ブラシ

出典:中日新聞 つなごう医療 – 先端がグニャリと曲がる 喉に刺さらない歯ブラシ 子どもが歯磨き中に喉を突く事故を防ぐため、「曲がる歯ブラシ」が開発された。 事故は1〜2歳児を中心に多発しており、専門家は先端部分が曲がる歯ブラシを使うことで、けがの抑止につながると期待している。 東京消防庁によると、都内で2...
成長期にカルシウムは、大人の3倍必要って本当?

成長期にカルシウムは、大人の3倍必要って本当?

出典:ベネッセ 教育情報サイト – 成長期にカルシウムは、大人の3倍必要って本当? 成長期の子どもの健康な身体をつくるためには、十分な栄養をとることが大切です。なかでも重要なのが骨を作る栄養素、カルシウムです。 カルシウムは、骨や歯の成長に欠かせない栄養素、10〜11歳の子どもが1日に摂取したいカルシウム量...
<東京都>立川の食中毒、原因は刻みのりか 和歌山の給食も使用

<東京都>立川の食中毒、原因は刻みのりか 和歌山の給食も使用

出典:西日本新聞 – 立川の食中毒、原因は刻みのりか 和歌山の給食も使用 東京都立川市の小学校7校で給食を食べた児童ら千人超が症状を訴えた集団食中毒で、都は28日、給食の親子丼に使われた刻みのりからノロウイルスが検出され、「原因食材と考えられる」と発表した。 刻みのりは大阪市都島区のメーカー「東海屋」が出荷...
WHO、最も危険な細菌を公表 薬剤耐性の12種類

WHO、最も危険な細菌を公表 薬剤耐性の12種類

出典:西日本新聞 – WHO、最も危険な細菌を公表 薬剤耐性の12種類 世界保健機関(WHO)は27日、抗生物質(抗菌薬)が効かず、世界的に大きな問題になっている12種類の細菌のリストを公表した。 人類にとって最も危険な病原菌だとして、各国に抗菌薬の迅速な開発を促した。 これらの菌の抗生物質への抵抗は強くな...
インフルで体調崩した受験生を救済…高校追試、35府県市で来春以降

インフルで体調崩した受験生を救済…高校追試、35府県市で来春以降

出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – インフルで体調崩した受験生を救済…高校追試、35府県市で来春以降 高校入試の際、インフルエンザなどで体調を崩した受験生への救済策として、26府県市が別日程での追試験を来春以降導入する方向で検討していることが文部科学省の調査でわかった。 追試の実施を求めた...
<大阪府>ロタウイルスの人工合成に成功 ワクチン開発期待、大阪大

<大阪府>ロタウイルスの人工合成に成功 ワクチン開発期待、大阪大

出典:岡山の医療健康ガイド MEDICA – ロタウイルスの人工合成に成功 ワクチン開発期待、大阪大 乳幼児に下痢や嘔吐、発熱を引き起こすロタウイルスの人工合成に初めて成功したと、大阪大の小林剛准教授(ウイルス学)のチームが27日までに米科学アカデミー紀要電子版に発表した。 藤田保健衛生大(愛知県豊明市)と...
電気製品倒してやけど 家庭内の子どもの事故に注意を

電気製品倒してやけど 家庭内の子どもの事故に注意を

出典:NHK NEWS WEB – 電気製品倒してやけど 家庭内の子どもの事故に注意を 家庭内で小さな子どもが電気製品を倒すなどして、熱湯や蒸気に触れてやけどをする事故が相次ぎ、中には死亡したケースもあるとして、NITE=製品評価技術基盤機構は、子どもが思わぬ事故を起こすおそれのある製品は、手が届かないとこ...
<滋賀県>飛び出し坊やを〝丸裸〟 身長・ポーズ・健康状態…誕生の地・滋賀で初の全県調査

<滋賀県>飛び出し坊やを〝丸裸〟 身長・ポーズ・健康状態…誕生の地・滋賀で初の全県調査

出典:‘産経ニュース – 飛び出し坊やを〝丸裸〟 身長・ポーズ・健康状態…誕生の地・滋賀で初の全県調査 滋賀県が発祥とされる「飛び出し坊や」の設置状況や地域での特徴を調べようと、滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)が全県で調査。 大半は地域の人が設置し、信号のない交差点や見通しの悪い道路など、地...
軽症ぜんそくへのステロイド吸入効果を確認

軽症ぜんそくへのステロイド吸入効果を確認

出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 軽症ぜんそくへのステロイド吸入効果を確認 ぜんそくは軽症間欠型、軽症持続型、中等症持続型、重症持続型の4段階に分けられ、軽症と重症では症状も治療も大きく異なる。 軽症で自覚症状も軽かったりすると、病院から指示された薬や吸入薬をおろそかにしてしまいがち。 ...