電気製品倒してやけど 家庭内の子どもの事故に注意を


出典:NHK NEWS WEB – 電気製品倒してやけど 家庭内の子どもの事故に注意を

  • 家庭内で小さな子どもが電気製品を倒すなどして、熱湯や蒸気に触れてやけどをする事故が相次ぎ、中には死亡したケースもあるとして、NITE=製品評価技術基盤機構は、子どもが思わぬ事故を起こすおそれのある製品は、手が届かないところに置くよう注意を呼びかけています。
  • 6歳以下の子どもが起こした事故は、去年3月までの5年間に60件報告され、2人が亡くなり12人が重傷を負っていることがわかりました。
  • 子どもが電気製品を誤って倒すなどして、熱湯や蒸気などに触れてしまい、やけどを負うケースが23件あったということです。
  • 具体例を見ますと、生後9か月の男の子が電気ポットを倒してしまい、熱湯がかかって死亡したケースや、10か月の男の子がウォーターサーバーに触り、熱湯が出て重度のやけどを負ったケースなどが報告されています。
  • NITEは、熱湯や蒸気などに触れる可能性のある製品は、あらかじめ手の届かないところに置くなど、改めて注意を呼びかけています。
  • 1歳児の事故が最も多く、つかまり立ちやよちよち歩きを始めるなど、行動範囲が広がる中で事故が起きていると考えられます。家庭の中に危険なものがないか、今一度見直しましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう