<東京都>ドアに挟まれて指を切断!?~ドアの安全性に関する調査を実施しました~

ドアに挟まれて指を切断!?~ドアの安全性に関する調査を実施しました~
出典:東京暮らしWEB – ドアに挟まれて指を切断!?~ドアの安全性に関する調査を実施しました~

  • アンケート:※調査対象:小学校1、2年生の子供と同居する保護者 1,030人。
  • ドアに「挟まれた」又は「挟まれそうになった」経験。
    • 約3人に1人は、「挟まれた」経験あり。中には、骨折した子供も!
    • 経験時の年齢は、2歳が最多。
    • 経験時の約6割は、自宅の室内ドアで発生。
    • 経験時のドアの種類の約8割が「開き戸」。
  • 【事例1】子供と朝、出掛けるときに、慌てていて、靴を履きながら丁番に子供が手をかけているのに気づかず、閉めてしまったときに指を挟んでしまった。
  • 【事例2】下の子供が1歳の頃、リビングのドア(開き戸)を触って遊んでいて、それを知らずに上の子がドアを勢いよく開け入ってきたら、指を挟んだ。

続きは東京暮らしWEBのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう