関東

Category
フッ化水素でうがい

<茨城県>フッ素うがいで虫歯予防 健康格差縮小へ県内幼保で拡大

出典:茨城新聞クロスアイ – フッ素うがいで虫歯予防 健康格差縮小へ県内幼保で拡大 虫歯予防を目的とした「フッ化物洗口(フッ素うがい)」が茨城県内の保育園、幼稚園などで徐々に広がっている。県が2016年度からモデル地区を定めて推進し始めて今年で4年目。6市町61施設で2734人(19年3月末)の園児が経験し...
虫歯の検査

<栃木県>虫歯なし初の5割超 予防意識が向上、歯磨き定着

出典:下野新聞 SOON – 虫歯なし初の5割超 予防意識が向上、歯磨き定着 栃木県の虫歯がない小学生の割合は2018年度に50・1%となり、初めて5割を超えたことが17日までに、県のまとめで分かった。中学生は58・4%で、小学生と同様に過去最高を更新。高校生は過去2番目に高い54・0%だった。 虫歯予防意...
食中毒

<神奈川県>川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件

出典:東京新聞 – 川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件 川崎市内では今年に入って十一月末までに発生した食中毒が十四件に上り、過去五年で最多となった。患者数は四十六人。昨年一年間(七件、計二十一人)と比べて約一カ月を残して件数、患者数とも倍増の勢いを見せている。 (大平樹) 。 市によると、過...
教室

病気と闘う子の「分身」を教室に 横浜で実証実験

出典:カナロコ – 病気と闘う子の「分身」を教室に 横浜で実証実験 病気などで学校に通えない子どものための「分身ロボット」が、新たな可能性を広げている。県教育委員会の実証実験で、県立こども医療センター(横浜市南区)内の県立横浜南養護学校に導入。病と闘う子どもたちの思いを教室の先生や友達に届ける“以心伝心”の...
<東京都>性感染症総合サイト「東京都性感染症ナビ」を開設

<東京都>性感染症総合サイト「東京都性感染症ナビ」を開設

出典:東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課 – 性感染症総合サイト「東京都性感染症ナビ」を開設 性感染症は、症状が軽微、又は全く無い場合もあり、気付かない間に病気が進行する場合があるため、正確な知識を持って適切な予防、治療を行うことが重要です。 近年、性感染症の中でも、特に梅毒患者が急増しており、昨年の都...
布団干し

<東京都>住まいの中のアレルゲン対策 東京都がサイトで公開

出典:SankeiBiz(産経新聞) – 住まいの中のアレルゲン対策 東京都がサイトで公開 ぜんそくなどアレルギー性疾患の原因となる物質「アレルゲン」をどう減らすか。東京都は具体的な対策をまとめたパンフレット「住まいの中のアレルゲン対策」をウェブサイトで公開した。 パンフはダニやカビ、ペットの毛といったアレ...
歯の検診

<千葉県>県内公立小中・特別支援学校の歯科検診 「要受診」も半数「行かず」

出典:東京新聞WEB – 県内公立小中・特別支援学校の歯科検診 「要受診」も半数「行かず」 県内の公立小中・特別支援学校での歯科検診で、虫歯の治療などが必要な「要受診」と診断された子どものうち、約半数が受診していないことが、開業医らでつくる県保険医協会の調査で分かった。 調査は昨年十月末~十二月末に千二百二...
ワクチン

<神奈川県>はしかワクチン不足、接種の一時停止も

出典:YOMIURI ONLINE(読売新聞) – 神奈川ではしかワクチン不足、接種の一時停止も 神奈川県内ではしかのワクチンが不足し、一部の医療機関は接種の一時停止に追い込まれている。 今月に入って川崎市で2人の感染者が確認されたことを受け、大型連休明けから接種希望者が急増したため。 製薬会社がワクチンの...
手洗い

<東京都>マニュアルを9年ぶりに見直し、「東京都感染症マニュアル2018」を策定

出典:東京都 – マニュアルを9年ぶりに見直し、「東京都感染症マニュアル2018」を策定 都は、医療従事者や保健衛生行政職員等が感染症に適切に対応できるよう、感染症の診断、治療、対策などをまとめたマニュアルを策定しています。 このたび、新たな感染症の発生や、近年の感染症リスクなどを踏まえ、マニュアルを9年ぶ...
車椅子

<群馬県>小中学生の通級指導 最多2997人 10年で1.8倍 理解進む

出典:上毛新聞 – 小中学生の通級指導 最多2997人 10年で1.8倍 理解進む 障害のあるぐんま県内公立小中学生のうち、通常学級に在籍しながら必要に応じて別室などで授業を受ける「通級指導」の2017年度の対象者は前年度比223人増の2997人で、1993年の調査開始以降で最多だったことが14日までに、県...