<神奈川県>川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件

食中毒
出典:東京新聞 – 川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件

川崎市内では今年に入って十一月末までに発生した食中毒が十四件に上り、過去五年で最多となった。患者数は四十六人。昨年一年間(七件、計二十一人)と比べて約一カ月を残して件数、患者数とも倍増の勢いを見せている。 (大平樹)

  • 市によると、過去五年で患者数が最も多かったのは、三件の集団食中毒が起きた二〇一六年。十二件で計百九十九人の患者が出た。
  • 今年は集団食中毒がないため患者数はそれと比べれば少ないものの、寄生虫アニサキスによる食中毒が例年より増えていることが特徴。

続きは東京新聞のサイトで

アニサキス症 – 寄生虫シリーズ

感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう