サバやカツオが旬を迎える秋は要注意 激しい腹痛を起こすアニサキス症の予防法

サバやカツオが旬を迎える秋は要注意 激しい腹痛を起こすアニサキス症の予防法
出典:ウエザーニュース – サバやカツオが旬を迎える秋は要注意 激しい腹痛を起こすアニサキス症の予防法
サバやカツオ、サンマなどの魚が旬を迎え、刺身や押し寿司を食べる機会が増えた方もいると思います。しかし、食後数時間〜十数時間後に激しい腹痛に襲われたら、それは魚の寄生虫、アニサキスによる食中毒かもしれません。どうしたら予防できるのでしょうか。

  • 魚を刺身など生で食べると、魚に寄生しているアニサキスの幼虫が消化器に取り込まれます。
  • アニサキスの幼虫は長さ2〜3cm、幅0.5〜1mmで白色の太い糸のよう。
  • アニサキスが寄生している魚を生食すると、食後数時間から十数時間後に胃アニサキス症に。
  • 食後十数時間後〜数日後に腸アニサキス症で激しい腹痛に襲われます。
  • 胃の粘膜は痛みを感じませんが、激しい腹痛はアニサキスが胃壁に潜り、そのときの炎症が胃壁の一番外側の漿膜(しょうまく)に及んで痛む。

続きはウエザーニュースのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう