五輪に浮かれてばかりいられない…… ダスキンが挑む「2020問題」

五輪に浮かれてばかりいられない...... ダスキンが挑む「2020問題」
出典:J-CAST – 五輪に浮かれてばかりいられない…… ダスキンが挑む「2020問題」

東京オリンピック・パラリンピックが来夏に迫り、ムードもそれにつれ高まっている。増えるインバウンド、高まる好景気への期待……。だが、浮かれてばかりではダメ! と「待った」をかける声が聞こえてきた。

五輪などでの爆発的なインバウンド増は同時に、新たな害虫や感染症の侵入機会増大につながる可能性が大きい。駆除サービスの最大手、ダスキンではこれを「新たな2020問題」ととらえ、対策への取り組みを始めた。

  • 近年は毎年のように新たな害虫の国内侵入や、以前にはほとんどなかった感染症の流行が取り沙汰されている。
  • 2014年のデング熱、16年にはジカ熱で蚊に対する警戒が一斉に強まった。
  • 17年には南米原産で毒針をもつヒアリの上陸が確認され、いまも水際作戦が続けられているという。
  • ダスキンによると「2020問題」として、流入・拡大が懸念されるのはトコジラミ(南京虫)だ。
  • 日本にも以前からいる害虫だが、インバウンドの増加に比例して急増している。
  • 東京都福祉保健局に寄せられた相談件数が2005年には30件程度だったものが15年に300件をオーバー。

続きはJ-CASTのサイトで

参考:ダスキンのトコジラミ駆除は何が凄い?費用の目安は?



この記事が気に入ったら
いいね!しよう