なぜダメなの?未成年の飲酒 脳の海馬にもダメージ

なぜダメなの?未成年の飲酒 脳の海馬にもダメージ
出典:NIKKEI Style(日本経済新聞) – なぜダメなの?未成年の飲酒 脳の海馬にもダメージ

「お酒は20歳から」――。未成年の飲酒が法律で禁じられていることを知らない人はいないでしょう。なお、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられますが、飲酒は20歳以上というのは変わりません。

未成年の飲酒は体に悪影響を及ぼします。しかし、具体的にどのような害があるのかを子どもたちにきちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。未成年に対するアルコールの害や未成年の飲酒事情に詳しい久里浜医療センター院長の樋口進さんはこう説明します。

  • 未成年者の飲酒はさまざまな弊害があります。特に脳に対する影響が最も研究されています。
  • 具体的には、アルコールによる脳の神経細胞の障害作用は、成人よりも未成年者のほうが大きい。
  • 記憶に関わる海馬に対するダメージは大きく、これによって記憶機能が低下する可能性がある。
  • 未成年の飲酒は、血中アルコール濃度が上がりやすく、急性アルコール中毒のリスクが高まると警告。

続きはNIKKEI Style(日本経済新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう