スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



聞こえても理解できない 聴覚情報処理障害

聞こえても理解できない 聴覚情報処理障害
出典:時事メディカル – 聞こえても理解できない 聴覚情報処理障害

耳は聞こえているのに、日常生活のさまざまな場面で話が聞き取りにくくなる。「聴覚情報処理障害(APD)」と呼ばれる症状だ。この問題に詳しい国際医療福祉大学成田保健医療学部(千葉県成田市)の小渕千絵教授に聞いた。

  • APDの人は、聴力検査をしても異常がなく、音は聞こえているが、聞いた言葉の処理ができない状態。
  • 「雑音が多い環境」「相手が早口、声が小さい、声が不明瞭」など、特定の状況下で言葉の理解が困難になる。
  • 口頭で伝えたことが理解しにくい、長い話になると注意して聞き続けられないといった症状。
  • APDは発達障害の診断を受けている人や注意力・記憶力が通常より弱いと考えられる人に多い傾向。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう