マイコプラズマ感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

マイコプラズマ感染症
咳を主症状とし、学童期以降の細菌性肺炎としては最も多くみられます。夏から秋にかけて多く、家族内感染や再感染も少なくありません。5歳以上で10〜15歳頃に好発しますが、成人もり患します。マイコプラズマ感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類されています。

マイコプラズマ感染症の症状

咳、発熱、頭痛などのかぜ症状がゆっくりと進行し、特に咳は徐々に激しくなります。
咳のイラスト
しつこい咳が3〜4週持続する場合もあります。中耳炎・鼓膜炎や発しんを伴うこともあり、重症例では呼吸困難になることもあります。治療は適切な抗菌薬で行います。

マイコプラズマ感染症の原因

咳、発熱、頭痛などのかぜ症状がゆっくりと進行し、特に咳は徐々に激しくなります。
しつこい咳が3〜4週持続する場合もあります。中耳炎・鼓膜炎や発しんを伴うこともあり、重症例では呼吸困難になることもあります。治療は適切な抗菌薬で行います。

mycoplasma-infection

出展:大阪市立大学・大学院研究科・細胞機能学研究室 マイコプラズマグループ

マイコプラズマ感染症の予防

飛沫感染としての一般的な予防法を励行します。ワクチンはありません。

登校(園)の基準

症状が改善し、全身状態の良い人は登校 ( 園 ) が可能です。
子どもたちのイラスト


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう