水いぼ(伝染性軟属腫) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ほけんだよりプラス - 水いぼ(伝染性軟属腫) - 学校で予防すべき感染症シリーズ
水いぼは伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といって、幼児期に特に好発する皮膚疾患です。 半球状に隆起して光沢を帯び、中心にくぼみをもつ粟粒大から米粒大 (2〜5mm) のいぼが、主に体幹、四肢にできます。水いぼは、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類されています。されています。

水いぼの症状

水いぼの症状
いぼが数個散在する場合や、広い範囲にわたって多発する場合もあります。発生部位は体幹、四肢。特にわきの下、胸部、上腕内側などの間擦部では自家接種により多発する傾向があります。時にかゆみがあり、かいて傷つけることによって周囲に湿疹病変を作ったり、かき壊して膿痂疹(のうかしん)を合併したりすることもあります。自然消退する場合もありますが、回復までに6〜12か月、時に数年を要することがあります。
その間に他人にうつしたり、自家接種で増加したりするため、ピンセットで摘除したり、液体窒素などで治療します。また、放置して自然治癒を待つ場合もあります。

水いぼの原因

水いぼの原因は、伝染性軟属腫ウイルス。接触感染で伝染します。主として感染者への接触による直接感染ですが、タオルの共有などによる間接感染もあります。感染すると、自家接種で増加します。水いぼの内容物が感染源となります

水いぼの予防

プールや水泳で直接肌が触れると感染するため、露出部の水いぼは覆ったり、処置したりしておきます。タオル、ビート板、浮き輪などの共用は避けましょう。 ワクチンはありません。

登校(園)の基準

出席停止の必要はありません。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

ほけんだよりプラス - 水いぼ(伝染性軟属腫) - 学校で予防すべき感染症シリーズ
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう