教育

Tagged
<京都府>がんへの知識、児童も学ぼう 京都・向日で経験者が出前授業

<京都府>がんへの知識、児童も学ぼう 京都・向日で経験者が出前授業

出典:京都新聞 – がんへの知識、児童も学ぼう 京都・向日で経験者が出前授業 「生命のがん教育」が1月31日、京都府向日市向日町の向陽小であった。 医師や手術を受けた人の経験談を通じて、6年生約100人が、がんの知識や早期発見の大切さなどについて理解を深めた。 正しい生活習慣を身に付けてもらうことなどが狙い...
<岩手県>健康教育充実へ認識共有 奥州市学校保健会・胆江給食協研究大会

<岩手県>健康教育充実へ認識共有 奥州市学校保健会・胆江給食協研究大会

出典:岩手日日新聞社 – 健康教育充実へ認識共有 奥州市学校保健会・胆江給食協研究大会 2016年度奥州市学校保健会・胆江地区学校給食校協議会研究大会は28日、市役所江刺総合支所で開かれた。 学校保健担当者や学校給食関係者ら約220人が参加。部会発表や講演を通じ、心豊かでたくましく生きる子供の育成に向けた健...
教師の行き過ぎた対応で自殺 「指導死」の実態知って

教師の行き過ぎた対応で自殺 「指導死」の実態知って

出典:東京新聞 – 教師の行き過ぎた対応で自殺 「指導死」の実態知って 「指導死」という言葉が教育現場で認知され始めている。 教師の不適切な指導をきっかけに、子どもが自殺に追い込まれることを示す。 今月三十日には、言葉を考えた遺族が教員を目指す学生に「指導死をこれ以上出さないで」と訴え。 「生徒指導が(自殺...
<千葉県>模擬授業を養護教諭らに 高校生向けの健康教育で

<千葉県>模擬授業を養護教諭らに 高校生向けの健康教育で

出典: – バイエル薬品の「かがやきスクール」の模擬授業が、千葉県立幕張総合高校で、さきごろ行われ、県内高校の養護教諭ら31人が参加。 同スクールは、バイエル薬品(株)の社会貢献事業のひとつ。女性の健康と活躍を支援する講師が派遣される。 「次代を担う高校生が、女性の健康やこれからのキャリアに対して正しい知識...
短命県から学ぶ健康 学校を通じて若者に教育

短命県から学ぶ健康 学校を通じて若者に教育

出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 短命県から学ぶ健康 学校を通じて若者に教育 青森県では中年層(40~60歳代)の死亡率が高いのですが、その死因の約7割は3大生活習慣病(がん、脳卒中、心臓病)。 生活習慣病対策は長い時間の戦いです。例えば喫煙の場合、それが命に及ぶまでの時間は平均して30...
<栃木県>横断歩道で車止まらない 子供目線で大人のモラル向上

<栃木県>横断歩道で車止まらない 子供目線で大人のモラル向上

出典:教育新聞 – 横断歩道で車止まらない 子供目線で大人のモラル向上 木県宇都宮市教委は、大人の行動を市内の小学生の目線で捉えた、大人のモラル向上のための啓発紙「コドモのメセン」を作成。 冊子は、同市の図書館や地区市民センターで配布。同市教委サイトで公開。 子供の素朴で鋭い目線によって、大人が何気ない行動...
<岐阜県>手作りできる障害児教材 岐阜の支援学校教員 考案の125点、本で紹介

<岐阜県>手作りできる障害児教材 岐阜の支援学校教員 考案の125点、本で紹介

出典:中日新聞 つなごう医療 – 手作りできる障害児教材 岐阜の支援学校教員 考案の125点、本で紹介 障害のある子どもの成長を促すため、簡単に手作りできる教材をまとめた「特別支援教育 簡単手作り教材BOOK」が、11月末に出版。 岐阜県の特別支援学校の教員たちが考えた125点を紹介。 学校だけでなく障害児...
<埼玉県>想像できない…遺伝子操作どこまで許容?上尾鷹の台高校で生徒ら議論

<埼玉県>想像できない…遺伝子操作どこまで許容?上尾鷹の台高校で生徒ら議論

出典:埼玉新聞 – 想像できない…遺伝子操作どこまで許容?上尾鷹の台高校で生徒ら議論 上尾市原市の県立上尾鷹の台高校は日本科学未来館と連携し、1年生全員を対象にワークショップ型授業を開催。 「あなたはどこまでやりますか?~ヒト受精卵へのゲノム編集を考える~」を実施。遺伝子操作技術がどこまで許されるかと議論し...
<東京都>発達障害のある子に「できた経験」を 手を添えて話す

<東京都>発達障害のある子に「できた経験」を 手を添えて話す

出典:教育新聞 – 発達障害のある子に「できた経験」を 手を添えて話す 子育て応援ひろば「知っておきたい発達障害~上手な接し方と適切な支援で毎日がもっと笑顔に」が11月2日、同市生涯学習センターで開催された。 発達障害のある子供に携わる仕事をしている関係者や保護者などが参加。 発達障害の正しい理解と発達障害...
<神奈川県>多様な運動と遊びで体幹を鍛える 横浜市立緑園西小で

<神奈川県>多様な運動と遊びで体幹を鍛える 横浜市立緑園西小で

特別授業は、全学年を対象に体育館で実施。指導は同プロジェクトの田中日出男理事長などが当たった。前半は、全学年の児童に、正しい立ち姿勢、お辞儀、あいさつの仕方を、実演と体験から学ばせた。 教育新聞 多様な運動と遊びで体幹を鍛える 横浜市立緑園西小で 立ち方では、▽両足をそろえる▽背筋を伸ばして腰をしっかり立てる▽両手は体...