<埼玉県>想像できない…遺伝子操作どこまで許容?上尾鷹の台高校で生徒ら議論

想像できない…遺伝子操作どこまで許容?上尾鷹の台高校で生徒ら議論
出典:埼玉新聞 – 想像できない…遺伝子操作どこまで許容?上尾鷹の台高校で生徒ら議論

  • 上尾市原市の県立上尾鷹の台高校は日本科学未来館と連携し、1年生全員を対象にワークショップ型授業を開催。
  • 「あなたはどこまでやりますか?~ヒト受精卵へのゲノム編集を考える~」を実施。遺伝子操作技術がどこまで許されるかと議論した。
  • 生徒たちは「ヒト受精卵へのゲノム編集とはどういう技術か」「安全面や倫理面で課題はあるのか」について講義を受けた。
  • その後、生徒は4、5人のグループに分かれて約90分間にわたり、活発に意見を出し合った。
  • 授業を終えた生徒たちからは「医療が家族に関係あるとは思わなかった」「今と違う家族の形が想像できない」などさまざまな感想が聞かれた。
  • 同校は総合学習の一環として人間としての在り方、生き方についての自覚を深めようと、「在り方生き方教育」を年に数時間実施。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう