短命県から学ぶ健康 学校を通じて若者に教育

短命県から学ぶ健康 学校を通じて若者に教育
出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 短命県から学ぶ健康 学校を通じて若者に教育

  • 青森県では中年層(40~60歳代)の死亡率が高いのですが、その死因の約7割は3大生活習慣病(がん、脳卒中、心臓病)。
  • 生活習慣病対策は長い時間の戦いです。例えば喫煙の場合、それが命に及ぶまでの時間は平均して30~40年ぐらい。
  • だとすると、40~60歳の「早死に」は、30~40年を差し引いた若い年齢からの勝負。
  • 中年層の死亡率を低下させるには、健康診断や病院での水際作戦も重要ですが、より若い時期からの根本対策が必要。
  • 問題は、若者は健康に興味がないことです。だからこそ、教育が必要になります。健康を教えるのに一番ふさわしいのは学校。
  • 学校で、包括的に流れをもって健康の基礎を教える必要。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう