<新潟県>メタボ予防 体力テストで“予備軍”発見 新潟大、中学生対象に研究

メタボ予防 体力テストで“予備軍”発見 新潟大、中学生対象に研究
出典:SankeiBiz(産経新聞) – メタボ予防 体力テストで“予備軍”発見 新潟大、中学生対象に研究

学校現場でも実施しやすい体力テストによって、将来メタボリック症候群になりやすい中学生を発見できそうだとの研究を、新潟大の曽根博仁教授、藤原和哉特任准教授(ともに内分泌・代謝内科)らがまとめ、国際医学誌に発表した。

  • 新潟県阿賀野市との共同研究。血液や血圧の検査を受ける機会が少ない未成年に、早めに生活習慣の改善を促すことができる成果だとしている。
  • 藤原さんによると、対象は阿賀野市の事業で生活習慣病予防のための健診と体力テストを受け、研究への参加を同意した中学2年(13、14歳)の男女計993人。
  • 健診では、生活習慣病やメタボに関わる体格指数(BMI)や血圧など測定。これらを点数化し、メタボにつながる「代謝異常リスク」として評価。

続きはSankeiBiz(産経新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう