スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



中部

Category
<長野県>今季のインフル県内まだ「1人」 秋の感染10年で最少

<長野県>今季のインフル県内まだ「1人」 秋の感染10年で最少

出典:信毎Web – 今季のインフル県内まだ「1人」 秋の感染10年で最少 県内87カ所の定点医療機関が把握するインフルエンザの患者数が今季、極端に少ない状況が続いている。県が11日発表した感染症情報(週報)によると、8日までの把握数は1人にとどまり、秋で比較すると過去10年間で最少。新型コロナウイルス感染...
インフルエンザワクチン

<福井県>福井県内インフル患者いまだゼロ

出典:福井新聞 ONLINE – <福井県>福井県内インフル患者いまだゼロ 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念される中、福井県内は10月21日時点で今季のインフルの患者がゼロとなっている。全国的にも患者数は例年に比べて極端に少ない状況。 県内では近年、10月上旬からインフルの患者が見られ、同...
次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ コロナ消毒の効果巡り情報錯綜

<福井県>次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ

出典:福井新聞 ONLINE – 次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ コロナ消毒の効果巡り情報錯綜 新型コロナウイルス感染症対策で消毒用の次亜塩素酸水噴霧器を設置していた福井県内8市町と県は6月4日までに、撤去や使用中止を決めた。「消毒液の噴霧は推奨されない」とする世界保健機関(WHO)などの見解をまとめた経...
AEDの画像

<石川県>心肺停止の生徒を教諭らがAEDで救命 石川県の県立高校「とにかく必死だった」

出典:excite News – 心肺停止の生徒を教諭らがAEDで救命 石川県の県立高校「とにかく必死だった」 石川県の県立高校で今年5月、ランニング中に倒れて一時心肺停止状態になった男子生徒に対し、教諭らが学校に配備されたAEDを利用して救命した。 同高では十数年前から教員向けにAEDを含めた救急講習を年...
咳

<静岡県>「百日咳」に注意を 静岡県内患者225人、乳児重症化の恐れ

出典:アットエス(静岡新聞) – 「百日咳」に注意を 静岡県内患者225人、乳児重症化の恐れ けいれん性の咳(せき)が続く「百日咳」。2018年1月から全数把握対象疾患となり、静岡県内では同12月23日までに225人の報告がある。ただ、特定施設からの報告が多く、県内の医療者は「見逃されている可能性がある」と...
チョーク

<長野県>色覚障害に安心チョーク 塩尻の全小中校に導入

出典:中日新聞 – 色覚障害に安心チョーク 塩尻の全小中校に導入 塩尻市教育委員会は、赤や緑など色の違いが分かりにくい色覚障害がある子どもらに対応するため、色を識別しやすい「色覚対応チョーク」を、市内の小中学校全十五校に導入する。市教委によると、色覚対応チョークを自治体単位で全面導入するのは県内では珍しい。...
手話

<石川県>手話、音訳、点訳 伝え方 多様に コミュニケーション条例 制定3カ月

出典:中日新聞 – 手話、音訳、点訳 伝え方 多様に コミュニケーション条例 制定3カ月 全国の自治体で手話言語条例制定が進む中、小松市で、手話に限定せず、音訳や点訳など多様な意思疎通を促す「市多様なコミュニケーション手段の利用を促進する条例」が北陸で初めて制定され、三カ月余。市は職員の手話研修を企画し、市...
スクールカウンセラー

<静岡県>スクールカウンセラー「常時配置」 静岡県内4中学校区

出典:静岡新聞SBS – スクールカウンセラー「常時配置」 静岡県内4中学校区 静岡県教委は2018年度、静岡県内四つの中学校区をモデル校区としてスクールカウンセラー(SC)の勤務時間数を大幅に増やす「常時配置」を始めた。県内公立校のいじめ認知件数と小学校の暴力行為は16年度、過去最多になり、子どもの心理的...
ドーピング

<静岡県>「うっかりドーピング」注意 カードゲームで啓発

出典:アットエス(静岡新聞) – 「うっかりドーピング」注意 カードゲームで啓発 禁止物質が入っていることを知らずに運動選手が薬やサプリメントを服用してしまう「うっかりドーピング」を防ごうと、島田市の薬剤師清水雅之さん(34)がカードゲーム「ドーピングガーディアン」を考案した。東京五輪・パラリンピックに向け...
メタボ予防

<新潟県>メタボ予防 体力テストで“予備軍”発見 新潟大、中学生対象に研究

出典:SankeiBiz(産経新聞) – メタボ予防 体力テストで“予備軍”発見 新潟大、中学生対象に研究 学校現場でも実施しやすい体力テストによって、将来メタボリック症候群になりやすい中学生を発見できそうだとの研究を、新潟大の曽根博仁教授、藤原和哉特任准教授(ともに内分泌・代謝内科)らがまとめ、国際医学誌...