<静岡県>「うっかりドーピング」注意 カードゲームで啓発

「うっかりドーピング」注意 カードゲームで啓発
出典:アットエス(静岡新聞) – 「うっかりドーピング」注意 カードゲームで啓発

禁止物質が入っていることを知らずに運動選手が薬やサプリメントを服用してしまう「うっかりドーピング」を防ごうと、島田市の薬剤師清水雅之さん(34)がカードゲーム「ドーピングガーディアン」を考案した。東京五輪・パラリンピックに向けてスポーツ界の意識が高まる中、「禁止物質は膨大。専門家への相談が大切なことを楽しみながら学んで」と呼び掛ける。

  • カードは1セット67枚。「トレーニング」「サプリメント」「薬」「病気」「ドーピングガーディアン」の5種類がある。
  • 自分がアスリートとなり、手札のトレーニングカードを出しながら得点する。薬やサプリメントを使い、病気やけがを克服していく。
  • 隠された禁止物質をドーピングガーディアンカードを使って確認するのがポイントで、実際に薬剤師に相談する行為と重なる。
  • 対象年齢は9歳以上。清水さんは「ジュニア世代も楽しむことができるようにシンプルなルールにした。ドーピングのリスクを疑似体験してほしい」と話す。

続きはアットエス(静岡新聞)のサイトで

参考:ドーピングガーディアン – 静岡県島田市のみどりや薬局



この記事が気に入ったら
いいね!しよう