ニュースピックアップ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

(鳥インフルエンザは除く) インフルエンザは急激に発症し、流行は爆発的で短期間内に広がる感染症です。規模はいろいろですが、毎年流行しています。しばしば変異(型変わり) を繰り返してきた歴史があり、今後とも注意を要する感染症です。合併症として、肺炎、脳症、中耳炎、心筋炎、筋炎などがあります。特に幼児、高齢者などが重症にな...
RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症は、冬期を中心に流行し、主に乳幼児が感染します。呼吸困難に陥ることもある呼吸器感染症。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の子どもがRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています。 RSウイルス感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類さ...
感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ウイルスによる腸管感染症が多い感染性胃腸炎は、嘔吐と下痢が突然始まることが特徴の疾患です。ノロウイルス、ロタウイルスは冬季に多く、アデノウイルスは年間を通じて発生します。 また、ロタウイルスやアデノウイルスによるものは乳幼児が多く、ノロウイルスは小学生以上に多くみられます。 感染性胃腸炎は、学校保健安全法施行規則でその...
ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ピンク色の発しん、発熱、リンパ節の腫脹と圧痛を訴える疾患です。 脳炎、血小板減少性紫斑病、関節炎などの合併症がみられることがあり、特に妊娠早期の妊婦がかかると出生児に先天性風しん症候群と呼ばれる先天異常が高い頻度で発生します。春の流行が多くなっていますが、秋から冬にかけてみられることもあります。 流行期は5〜15歳に多...
食物アレルギー(1) 乳児期など早い段階で受診を

食物アレルギー(1) 乳児期など早い段階で受診を

出典:YomiDr.(読売新聞) – 食物アレルギー(1) 乳児期など早い段階で受診を 特定の食べ物を食べるとアレルギー症状が出る「食物アレルギー」を持つ子どもが増えています。生活の質を左右し、時には生命にかかわる重い症状に至ることもあります。食物アレルギーに関する研究や啓発に取り組む国立病院機構相模原病院...
子どもにも「ロコモ」 生活に体動かす遊びを

子どもにも「ロコモ」 生活に体動かす遊びを

出典:時事メディカル – 子どもにも「ロコモ」 生活に体動かす遊びを 体を動かす筋肉や骨、関節など運動器の障害により、「立つ」「歩く」といった基本的な動作能力が低下する「ロコモティブシンドローム(ロコモ、運動器症候群)」。高齢者の症状と思われやすいが、最近、しゃがめない、片脚立ちでふらつくといった子どもが問...
LGBTI

「さまざまなセクシャリティ」を知ったほうがいい理由

出典:マイナビ ウーマン – 「女性らしさ」というプレッシャー 「性別違和」とは、簡単に説明すると「決められた性別」と「本人が体験している性」がちがう状態のことを指す。たとえば、戸籍上は「女性」であるが、自分自身は女性であることに違和感がある、などの状態。性別に違和感を抱いているので「性別違和」という。 「...
インフルエンザの発熱に使ってはいけない解熱鎮痛剤とは

インフルエンザの発熱に使ってはいけない解熱鎮痛剤とは

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – インフルエンザの発熱に使ってはいけない解熱鎮痛剤とは OTC医薬品の中で解熱鎮痛剤を購入するときの注意点として、「名前が同じであっても、成分が違うものがある」ということを[ロキソニン]を例に挙げて前回(「OTC医薬品」は同じ名前の薬でも同じ成分とは限らない)お話ししまし...
「生理前がとにかくしんどい…」PMS(月経前症候群)を詳しく解説!

「生理前がとにかくしんどい…」PMS(月経前症候群)を詳しく解説!

出典:ダ・ヴィンチニュース – 「生理前がとにかくしんどい…」PMS(月経前症候群)を詳しく解説! 女性特有のからだの不調やトラブルで悩んでいませんか。「お医者さんに行くほどではない…」「デリケートなことなので人には聞きにくい…」そんな体の悩みを、All Aboutガイドであり、ポートサイド女性総合クリニッ...
食物アレルギーの原因

手が荒れた状態で食材を触ると危険? 食物アレルギーを引き起こす驚きの原因!

出典:News Walker(KADOKAWA) – 手が荒れた状態で食材を触ると危険? 食物アレルギーを引き起こす驚きの原因! 子どもも大人も関係なく、幅広い世代で見られる“食物アレルギー”。 ある時突然発症することもあるので、とても厄介な存在ですよね。 実は最近、食物アレルギーを引き起こす新たな原因が見...
こどものうつ - ほけんだよりプラス - こころのケアシリーズ

こどものうつ – こころのケアシリーズ

失恋したり、友達とケンカしたり、試験で失敗したり……毎日の生活の中でショックな出来事は、誰にでもあること。そんなときは誰だってつらく、悲しい気持ちになりますが、普通は数日もしたら、少しずつ前向きな気持ちを取り戻せるもの。ところが何週間も、しかも一日中ずっと、そのような状態が続いているとしたら、それはもしかしたら「うつ病...
湿疹、鼻炎、下痢などを引き起こす、遅延型フードアレルギーって何?

湿疹、鼻炎、下痢などを引き起こす、遅延型フードアレルギーって何?

出典:WEDGE Infinity – 湿疹、鼻炎、下痢などを引き起こす、遅延型フードアレルギーって何? フードアレルギーといえば、ほとんどの人は「即時型フードアレルギー」を想像するはずだ。いや、「即時型」などという言葉さえ知らない人も多いだろう。フードアレルギーには、即時型と遅延型の2タイプがあるのだとい...
リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病

リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病

出典:YomiDr.(読売新聞) – リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病 本稿執筆時点で東北や関東地方など東日本で流行しているのが、リンゴ病です。リンゴ病というのは、まあ、俗称で、医学的には伝染性紅斑と言います。紅斑というのは、皮膚が赤くなること。伝染性とは、うつること。感染症により、両方...
咳

<静岡県>「百日咳」に注意を 静岡県内患者225人、乳児重症化の恐れ

出典:アットエス(静岡新聞) – 「百日咳」に注意を 静岡県内患者225人、乳児重症化の恐れ けいれん性の咳(せき)が続く「百日咳」。2018年1月から全数把握対象疾患となり、静岡県内では同12月23日までに225人の報告がある。ただ、特定施設からの報告が多く、県内の医療者は「見逃されている可能性がある」と...
ゲーム依存

我が子のゲーム依存防ぐルール作り 5つの必須条件

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 我が子のゲーム依存防ぐルール作り 5つの必須条件 ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム依存」に陥る人が増えている(前回「長期休暇は引き金になりやすい ゲーム依存に注意」参照)。「いつでもどこでも半ば無意識のうちにゲームに手が伸びてしまう」といった...
子ども食堂

「子ども食堂」地域の中で存在意義も変化 模索を続ける現場

出典:西日本新聞 – 「子ども食堂」地域の中で存在意義も変化 模索を続ける現場 「本当に必要としている子どもに食堂が知られていない」「スタッフが足りない」。西日本新聞が子ども食堂運営者に行ったアンケートでは、さまざまな課題が浮かび上がった。 子ども食堂とは、経済的に困窮する子どもに食事を提供するという目的で...