ニュースピックアップ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

(鳥インフルエンザは除く) インフルエンザは急激に発症し、流行は爆発的で短期間内に広がる感染症です。規模はいろいろですが、毎年流行しています。しばしば変異(型変わり) を繰り返してきた歴史があり、今後とも注意を要する感染症です。合併症として、肺炎、脳症、中耳炎、心筋炎、筋炎などがあります。特に幼児、高齢者などが重症にな...
RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症は、冬期を中心に流行し、主に乳幼児が感染します。呼吸困難に陥ることもある呼吸器感染症。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の子どもがRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています。 RSウイルス感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類さ...
感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ウイルスによる腸管感染症が多い感染性胃腸炎は、嘔吐と下痢が突然始まることが特徴の疾患です。ノロウイルス、ロタウイルスは冬季に多く、アデノウイルスは年間を通じて発生します。 また、ロタウイルスやアデノウイルスによるものは乳幼児が多く、ノロウイルスは小学生以上に多くみられます。 感染性胃腸炎は、学校保健安全法施行規則でその...
ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ピンク色の発しん、発熱、リンパ節の腫脹と圧痛を訴える疾患です。 脳炎、血小板減少性紫斑病、関節炎などの合併症がみられることがあり、特に妊娠早期の妊婦がかかると出生児に先天性風しん症候群と呼ばれる先天異常が高い頻度で発生します。春の流行が多くなっていますが、秋から冬にかけてみられることもあります。 流行期は5〜15歳に多...
摂食障害 - ほけんだよりプラス - こころのケアシリーズ

摂食障害 – こころのケアシリーズ

体重を気にして食事をたまに減らしたり抜いたりする、ストレス解消のためについ食べすぎてしまうのは珍しいことではありません。でもそれが過剰になって、まったく食べられなくなる、逆にむちゃ食いをしてしまうということが続いているなら摂食障害かもしれません。摂食障害には、神経性無食欲症(拒食症)と神経性過食症(過食症)があります。...
小児科を受診する子どもの8~9割は、ウイルス感染症

小児科を受診する子どもの8~9割は、ウイルス感染症

出典:Hugkum(小学館) – 小児科を受診する子どもの8~9割は、ウイルス感染症 幼児がかかりやすい病気で圧倒的に多いのは、感染症です。感染症というのは、ウイルスや細菌などが体に侵入して増殖し、いろいろな症状を引き起こしたり、人から人にうつったりする病気です。普通の風邪を始め、秋~冬に流行するインフルエ...
予防接種

要注意!インフルには3度かかる可能性も。今季2種類のA型が流行

出典:BUSINESS INSIDER – 要注意!インフルには3度かかる可能性も。今季2種類のA型が流行 「インフルエンザA型が現在2種類でています。2回かかる人もでるのでご注意ください」 福井大学医学部附属病院救急総合診療部が1月26日にFacebook上で出したこの注意喚起。SNSなどで拡散され、シェ...
花粉症、医師が教える「ピタリと解消」する意外な方法

花粉症、医師が教える「ピタリと解消」する意外な方法

出典:ビジネスジャーナル – 花粉症、医師が教える「ピタリと解消」する意外な方法 花粉症発症のメカニズムは、花粉(タンパク質=抗原)が鼻粘膜や呼吸器を通して体内に侵入してくると、それをやっつけるために白血球が抗体をつくる。抗原と抗体が結びついた「抗原抗体結合物」が体内のマスト細胞などを刺激してヒスタミンを分...
インフルエンザは「ひじドン」で対策!? 保健師秘伝5つの予防策

インフルエンザは「ひじドン」で対策!? 保健師秘伝5つの予防策

出典:琉球新報Style – インフルエンザは「ひじドン」で対策!? 保健師秘伝5つの予防策 全国的にインフルエンザが猛威を振るっています。沖縄県内でも小中学校で学級閉鎖が出ているほか、感染が広がっている保育園では登園自粛を呼び掛けるなど、社会生活への影響も起きています。店や会社も例外ではありません。皆さん...
子どもの歯が折れたら 慌てず適切に対処を

子どもの歯が折れたら 慌てず適切に対処を

出典:時事メディカル – 子どもの歯が折れたら 慌てず適切に対処を 子どもが何かの拍子に転んで歯をぶつけると、折れたり、抜けてしまったりすることがある。親はつい慌ててしまうが、いくつかのポイントを押さえておけば、落ち着いて対処することができる。レオーネキッズデンタルクリニック(東京都荒川区)の荻原栄和院長に...
口腔の健康 自宅でできる歯ヨガで「健口」に 大阪・貝塚の医院が考案

口腔の健康 自宅でできる歯ヨガで「健口」に 大阪・貝塚の医院が考案

出典:SankeiBiz(産経新聞) – 口腔の健康 自宅でできる歯ヨガで「健口」に 大阪・貝塚の医院が考案 頬や舌など口周りの筋肉を鍛錬するユニークな「歯ヨガ」を、大阪府貝塚市の歯科医院が考案した。目をぱっちり見せ、ほうれい線を消す顔ヨガは美容やアンチエイジングで人気だが、歯科領域の課題から生み出されたの...
アレルギーっ子ママが伝授!「海外の食物アレルギー表示」の攻略法

アレルギーっ子ママが伝授!「海外の食物アレルギー表示」の攻略法

出典:Hugkum(小学館) – アレルギーっ子ママが伝授!「海外の食物アレルギー表示」の攻略法 日本で、「食物アレルギー」と言われると、まず思い浮かぶのが、乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かにです。 なぜかと言いますと、日本では、この7品目が特定原材料7品目と言われ、食品のパッケージなどで必ず入っている...
お受験

不安障害 – こころのケアシリーズ

大勢の人の前で話すときや大事な試験のとき、緊張して汗をかいたり、心臓がドキドキしたりするのは当たり前の反応です。でも心配や不安が過度になりすぎて、日常生活に影響が出ていたら、それは不安障害かもしれません。不安障害は、精神的な不安から、こころと体に様々な不快な変化が起きるものです。ひとくちに不安障害といっても様々な病気が...
ゲーム障害

なぜ「ゲーム障害」の患者にADHAの人が多いか 医師が解説

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – なぜ「ゲーム障害」の患者にADHAの人が多いか 医師が解説 世界保健機関(WHO)から正式に疾患と認定された「ゲーム障害」。その患者には、発達障害の人が多い傾向がある。特に「注意欠如・多動性障害(ADHD)は、ゲーム依存となる上での大きなリスク要因だ」と、久里浜医療セン...
子供の便秘は家庭でできる「6つの方法」で予防できる!

子供の便秘は家庭でできる「6つの方法」で予防できる!

出典:Hugkum(小学館) – 【小児科医監修】子供の便秘は家庭でできる「6つの方法」で予防できる! 子供の便秘は、食欲不振や腹痛などの原因に。悪化すると辛くなり自分での排便がしづらくなるため、早めの対処が必要です。 「子どもの便秘」のおもな症状と原因排便の回数が少なく、排便時に痛みがある。 「子供の便秘...
専門医が指摘 ゲーム依存症患者の約2割はADHDを合併

専門医が指摘 ゲーム依存症患者の約2割はADHDを合併

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+- 専門医が指摘 ゲーム依存症患者の約2割はADHDを合併 2018年6月、世界保健機関(WHO)によって、正式に疾患と認められたゲーム障害。それは、以下のように定義されている。 「ゲームの優先順位が高まり、生活上の問題が生じても、その他の興味や日常の活動よりもゲームを優先して継続または...