中国

Category
錆

広島の被災者2人が破傷風に 感染症に注意呼び掛け

出典:産経WEST – 広島の被災者2人が破傷風に 感染症に注意呼び掛け 西日本豪雨で被災した広島県内の男女2人が破傷風を発症していたことが4日、県への取材で分かった。豪雨から1カ月近くとなり、被災者やボランティアにさまざまな感染症が出る恐れがあるとして、県が注意を呼び掛けている。 県によると、2人は広島市...
点字

<島根県>島根県警、点字の名刺で安全安心 「全国に普及を」

出典: – 島根県警、点字の名刺で安全安心 「全国に普及を」 島根県警は交番や駐在所での点字の活用に力を入れ、全国に先駆けた取り組みとして注目されている。身分や連絡先を点字で伝える「パトロールカード」や「点字名刺」などを本部で作り、県内各署に配布。2013年に隠岐の島署の駐在所で始まった点字パトロールカード...
<岡山県>子どものワクチン接種は確実に 3月1日から「予防週間」

<岡山県>子どものワクチン接種は確実に 3月1日から「予防週間」

出典:岡山の医療健康ガイド MEDICA – 生後2カ月から始まるワクチンの予防接種。かつて日本では、欧米に比べて使用できるワクチンが少なかったが、現在は国際水準に追いついた。 そのことが接種回数の増加につながってスケジュールが複雑化し、混乱する親も少なくない。 3月1日から「子ども予防接種週間」(7日まで...
<岡山県>岡山県内5校園で集団風邪 最長28日まで学級閉鎖

<岡山県>岡山県内5校園で集団風邪 最長28日まで学級閉鎖

出典:山陽新聞 – 岡山県内5校園で集団風邪 最長28日まで学級閉鎖 岡山県などは24日、5校園でインフルエンザとみられる集団風邪が発生したと発表した。 患者は計70人。 最長で28日まで学級閉鎖する。 幼稚園 岡山聖園(岡山市)▽小学校 陵南、操南(岡山市)第一福田(倉敷市)六条院(浅口市)
<岡山県>小児医療に「プレパレーション」 検査や治療法を分かりやすく説明

<岡山県>小児医療に「プレパレーション」 検査や治療法を分かりやすく説明

出典:岡山の医療健康ガイド MEDICA – 小児医療に「プレパレーション」 検査や治療法を分かりやすく説明 岡山県内の小児医療現場で、検査や治療方法を子どもに分かりやすく説明する「プレパレーション」の取り組みが広がりつつある。 人形や検査機器の模型を使って過程を伝えることで不安を和らげ、泣いたり暴れたりす...
<岡山県>アレルギー性疾患の関与物質特定 岡山大グループ、新薬開発に光

<岡山県>アレルギー性疾患の関与物質特定 岡山大グループ、新薬開発に光

出典:岡山の医療健康ガイド MEDICA – アレルギー性疾患の関与物質特定 岡山大グループ、新薬開発に光 花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患を引き起こす化学物質ヒスタミンの分泌に、体内タンパク質「VPAT(ブイ・パット)」が関与していることがわかった。 岡山大大学院医歯薬学総合研究科の日浅未来助...
<島根県>アスベスト  児童支援施設に使用 県、健康に影響なし

<島根県>アスベスト 児童支援施設に使用 県、健康に影響なし

出典:毎日新聞 – アスベスト 児童支援施設に使用 県、健康に影響なし 島根県は6日、児童自立支援施設「わかたけ学園」で、建物の一部にアスベスト(石綿)が利用されていたと発表。 空気中への飛散状況は国の基準値を下回っており、児童の健康に影響はない。 児童の健康に影響はないが、シートで覆うなど応急措置をして、...
<広島県>学校独自の防災ハンドブック 広島井口高生徒が作成

<広島県>学校独自の防災ハンドブック 広島井口高生徒が作成

出典:教育新聞 – 学校独自の防災ハンドブック 広島井口高生徒が作成 広島県立広島井口高校のJRC(青少年赤十字)部が昨年暮れ、「井口高校防災ハンドブック」を作成。 JRC(青少年赤十字)部が、広島県の下崎邦明教育長を訪問。 ハンドブックは、予想される災害、備えの大切さ、学校で災害に遭った場合にどうすべきか...
<岡山県>県内子ども予防接種ミス214件 13年度から3年間、間隔や回数

<岡山県>県内子ども予防接種ミス214件 13年度から3年間、間隔や回数

出典:山陽新聞 – 県内子ども予防接種ミス214件 13年度から3年間、間隔や回数 子どもへの定期予防接種で、医師がワクチンを注射する間隔や回数を間違うといったミスが岡山県内で後を絶たない。 統計を取り始めた2013年度からの3年間で計214件に上ることが県などへの取材で分かった。 年度別では、13年度が1...
<岡山県>若者の性感染症テーマに公開講座 岡山、保健師ら予防法や現状学ぶ

<岡山県>若者の性感染症テーマに公開講座 岡山、保健師ら予防法や現状学ぶ

出典:山陽新聞 – 若者の性感染症テーマに公開講座 岡山、保健師ら予防法や現状学ぶ 若者の性感染症をテーマにした市民公開講座があり、保健師や看護師ら約150人が予防法などを学んだ。 公益財団法人「性の健康医学財団」が主催し、国内外の産婦人科医ら5人が講演。 性感染症などの悩みを周囲の大人に相談できない未成年...