コロナ対応に教員疲弊 広島県教委、非常勤増で支援へ

コロナ対応に教員疲弊 広島県教委、非常勤増で支援へ

出典:中国新聞デジタル – コロナ対応に教員疲弊 広島県教委、非常勤増で支援へ

新型コロナウイルスの影響で教員の負担が増している。感染拡大に伴う臨時休校が明けた6月以降、校内で消毒作業をしたり、行事の日程を組み替えたり…。「マスクを着けて授業をして消毒作業もして。ヘトヘト」との悲鳴も上がる。広島県教委は負担を減らすため、学校現場をサポートする非常勤職員の増員を進めている。

  • 約270人が通う熊野町の熊野中では、生徒が提出する体温を記録した「健康観察カード」を毎日、担任と副担任、養護教諭が3重でチェック。
  • 掃除時間には、教員は生徒と一緒に校内を消毒。混雑を防ぐため、廊下の進行方向を示すテープを貼る作業などにも汗を流す。
  • 学校現場の負担増を巡る声は、あちこちで聞かれる。県北部の公立中の女性教諭は「授業合間に数百個の机といすを消毒。部活後も更衣室や体育館を消毒して、翌日の準備をする。しんどい」とこぼす。

続きは中国新聞デジタルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう