都内インフル感染者、8月末からたった「1人」…コロナ対策影響か

都内インフル感染者、8月末からたった「1人」…コロナ対策影響か
出典:読売新聞オンライン – 都内インフル感染者、8月末からたった「1人」…コロナ対策影響か

東京都内のインフルエンザ感染者報告数が、8月末から今月11日まで、1人にとどまっていることがわかった。昨年同時期の2274人に比べ激減している。子供がかかりやすい感染症の「手足口病」の報告数も大幅に減っており、マスク着用や手洗いといった新型コロナウイルス対策が影響しているとみられる。

  • インフルエンザの感染者報告数は、都内約400の定点医療機関での感染判明分。
  • 都健康安全研究センターによると、インフルエンザは例年、年初から36週目に流行が始まるとされる。
  • 今年の36週目開始日の8月31日から今月11日までの定点医療機関から都への報告数は1人だけだった。
  • 主に子供の手足や口の中に発疹ができる手足口病の報告数は今年の1週目以降、11日までに933件。
  • 約3万件だった昨年同時期の30分の1以下。

続きは読売新聞オンラインのサイトで

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

手足口病 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

新型コロナウイルス感染症



この記事が気に入ったら
いいね!しよう