手足口病

Tagged
とびひ・水いぼ・手足口病 夏、子どもの3大皮膚感染症

とびひ・水いぼ・手足口病 夏、子どもの3大皮膚感染症

出典:時事メディカル – とびひ・水いぼ・手足口病 夏、子どもの3大皮膚感染症 水いぼやとびひは「自家接種」といって、患部がかゆくて引っかくことで正常な皮膚にウイルスや細菌がうつり、皮膚の表層で増えていき、それが他人に感染する。 皮膚感染症にかかった場合に感染を広めない方法は、他の子どもたちとの接触を避ける...
手足口病

<大分県>手足口病の流行で異例の早さで警報発表

出典:OBS大分放送 – 手足口病の流行で異例の早さで警報発表 夏場にかかりやすい「手足口病」が異例の早さで流行していて、県は23日、警報を発表しました。 「手足口病」は主に乳幼児が発症するウイルス性の感染症。 県内では、20日までの1週間に報告された1医療機関あたりの患者数が6.92人となり、今年初めて警...
感染症

<神奈川県>今、何の病気が流行しているか!

出典:川崎市健康福祉局保健所感染症対策課 – 今、何の病気が流行しているか!(PDF) 川崎市内の定点医療機関から提供された感染症の患者発生情報をもとに市民提供情報である「今、何の病気が流行しているか!(平成29年第37週)」を作成しましたのでお知らせします。 第37週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は...
肌の感染症

RSウイルス感染症・手足口病、乳幼児の重症化に注意

出典:愛媛新聞ONLINE – RSウイルス感染症・手足口病、乳幼児の重症化に注意 乳幼児がかかると重い肺炎になる恐れもある「RSウイルス感染症」。通常は秋から冬にかけて患者が多くなるが、近年全国的に流行が早まっており、今年は県内でも夏場から増え始めている。口の中や手足に発疹が出る「手足口病」の患者数も依然...
夏風邪

子どもの「夏風邪」増加 手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱

出典:中日新聞 – 子どもの「夏風邪」増加 手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱 手足口病や咽頭結膜熱(プール熱)など、5歳以下の子どもに多い「夏風邪」の患者数が増加傾向にある。高熱のほか、発疹や結膜炎などの症状が出るが、通常は安静にしていれば回復する。それぞれの感染症の特徴を知り、のどの痛みなどで水分が取れ...
手足口病

<九州>幼児の手足口病が西日本で流行の兆し  鹿児島、佐賀、宮崎で警報レベルに

出典:J-CAST ヘルスケア – 幼児の手足口病が西日本で流行の兆し  鹿児島、佐賀、宮崎で警報レベルに 口の中や手足に水疱性の発疹ができる手足口病が九州地方を中心に流行の兆しを見せていることが、2017年4月25日に国立感染症研究所が発表した調査でわかった。 同研究所がまとめた4月10日~16日の週の全...
プールを楽しむ子ども

プールでの感染症に注意! その予防と対策法を知っておこう

お盆の時季になりましたが、全国的に猛暑日が続いていますね。 朝起きるとすでに気温が高く、水を浴びたくなってプールに出かける方も多いのではないでしょうか? 今年は夏の始まりに「プール熱」流行を警戒するニュースが報道されていましたね。 日本気象協会 プールでの感染症に注意! その予防と対策法を知っておこう 暑い日のプールは...
くしゃみ

子どもの夏かぜ3きょうだい、ヘルパンギーナが流行中

冬に流行する感染症といえばインフルエンザやノロウイルスが有名ですね。夏の感染症ならば、食中毒を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、毎年のように夏に流行している感染症が、他にもあるのです。今回は「子どもの夏かぜ3きょうだい」のひとつ、ヘルパンギーナの話題です。 YomiDr – 読売新聞 子どもの...
手足口病 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

手足口病 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

手足口病は、ヘルパンギーナやプール熱と同様に夏かぜの一種です。口腔粘膜と四肢末端に水疱性発しんが生じる疾患で、毎年のように流行しますが、時に大流行がみられます。流行のピークは夏で、乳幼児に多く発生します。原因となる病原ウイルスが複数あるため、再発することもあり、注意が必要です。手足口病は、学校保健安全法施行規則でその他...
マスクで感染症予防

<沖縄県>沖縄で手足口病が流行 県が警報 2012年以降最多

沖縄県内で手足口病が流行しているとして、県健康長寿課は24日、警報を発令した。13~19日に34定点医療機関から報告された患者数は229人で、1週間の報告数としては2012年以降最多。1定点当たりの報告数は6・74人で、警報基準の5人を超えた。 沖縄タイムス 沖縄で手足口病が流行 県が警報 2012年以降最多  保健所...