<愛媛県>感染症、今夏は減少 県調べ コロナ予防背景か

感染症、今夏は減少 県調べ コロナ予防背景か
出典:愛媛新聞ONLINE – 感染症、今夏は減少 県調べ コロナ予防背景か

夏季に流行する手足口病などの感染症が例年と比較し、今夏はほとんど発生しなかったことが6日、県の調べで分かった。定点医療機関で確認された季節性インフルエンザも11月の1件にとどまっている。中村時広知事は6日の会見で、新型コロナウイルスへの感染予防が背景にあるとみる一方で、「インフルエンザは1月後半~2月にピークを迎える。油断はできない」と注意を呼びかけている。

  • マスク着用や手指消毒の定着が他の感染症予防にも結びついていると分析。
  • 5歳以下の乳幼児に多く見られる手足口病やヘルパンギーナは例年と比べ、ほとんど発生がなく、プールを介して感染する咽頭結膜熱や感染性胃腸炎も減少。
  • 中村知事は「これから流行する可能性は十分あるという姿勢で向き合う必要がある」と感染回避行動の継続を求めた。

続きは愛媛新聞ONLINEのサイトで

ヘルパンギーナ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

手足口病 – 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう