ヘルパンギーナ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

主として咽頭、口腔内粘膜に水疱、潰瘍を形成するのが特徴の熱性疾患です。原因となる病原ウイルスが複数あるため、再発することもあります。春から夏にかけて多く発生し、流行のピークは7 月頃です。夏かぜの代表的な疾患であり、4 歳以下の乳幼児に多く発生します。ヘルパンギーナは、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類されています。

ヘルパンギーナの症状

突然の発熱(39℃以上)、咽頭痛がみられます。咽頭に赤い発しんがあり、次に水疱、間もなく潰瘍(かいよう)となります。有効な治療薬はなく、対症療法が行われます。エンテロウイルス属は無菌性髄膜炎を発症することがあるので注意が必要です。
ヘルパンギーナの症状
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

ヘルパンギーナの原因

ヘルパンギーナの原因は、主としてエンテロウイルス属のコクサッキーA 群ウイルス。飛沫感染や接触感染、経口感染でも伝染します。経口感染は、人の便や吐しゃ物の中に排泄されたウイルスが別の人の口に入って感染します。

ヘルパンギーナの予防

飛沫感染、接触感染、経口感染の一般的な予防法を励行します。患者や周囲の人がマスクを着用して飛沫感染を防ぎ、正しい手洗いを行って接触感染や経口感染を予防します。間接的な感染を防ぐため、食器やドアノブなども清潔にしておきましょう。
感染症予防に手洗い2
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

登校(園)の基準

全身状態が安定している場合は登校(園)可能ですが、長期間、便からウイルスが排出されるので、手洗い(特に排便後、排泄物の後始末後)の励行が重要です。



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

ヘルパンギーナ(学校で予防すべき感染症)-無料-画像-フリー
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう