感染症予防

Tagged
大雨

豪雨被災地の感染症対策で注意したい5つのこと。そして、ボランティアに心がけていただきたいこと

出典:HUFFPOST – 豪雨被災地の感染症対策で注意したい5つのこと。そして、ボランティアに心がけていただきたいこと 大規模災害に引き続く集団の避難生活では、しばしば感染症アウトブレイクの可能性が報じられ、そのたびに被災者は緊張と不安を募らせます。今回の大規模豪雨による被災地においても、感染症についての...
ワクチン

<神奈川県>はしかワクチン不足、接種の一時停止も

出典:YOMIURI ONLINE(読売新聞) – 神奈川ではしかワクチン不足、接種の一時停止も 神奈川県内ではしかのワクチンが不足し、一部の医療機関は接種の一時停止に追い込まれている。 今月に入って川崎市で2人の感染者が確認されたことを受け、大型連休明けから接種希望者が急増したため。 製薬会社がワクチンの...
インターナショナル

多言語ではしかなど感染症啓発資料 国立国際医療研究センター

出典:産経ニュース – 多言語ではしかなど感染症啓発資料 国立国際医療研究センター 国立国際医療研究センター(東京)は、海外との行き来などに伴い国内で広がる可能性がある感染症について、予防や治療に役立つ情報を医療機関などに提供している。沖縄で3月以降、はしか感染が拡大したのを受けてこのほど、はしか流行地を訪...
手洗い

<東京都>マニュアルを9年ぶりに見直し、「東京都感染症マニュアル2018」を策定

出典:東京都 – マニュアルを9年ぶりに見直し、「東京都感染症マニュアル2018」を策定 都は、医療従事者や保健衛生行政職員等が感染症に適切に対応できるよう、感染症の診断、治療、対策などをまとめたマニュアルを策定しています。 このたび、新たな感染症の発生や、近年の感染症リスクなどを踏まえ、マニュアルを9年ぶ...
飛行機内

フライト中に感染症はどこまで広がる?

出典:日経Gooday – フライト中に感染症はどこまで広がる? 全世界で、年間にのべ30億人が飛行機を使って移動しています。ゆえに、もし乗客の中に致死的な感染症の患者がいて、フライト中に感染が広まると、同乗していた人々の健康が脅かされる危険性があります。 米国Emory大学のVicki Stover He...
集団感染

<沖縄県>はしか予防、台湾は奏功 沖縄旅行の男性から感染 12人止まり

出典:沖縄タイムス – はしか予防、台湾は奏功 沖縄旅行の男性から感染 12人止まり 台湾の衛生当局は21日までに、22人の麻疹(はしか)感染を確認した。このうち、沖縄での感染発生につながったとみられる30代の台湾人男性から二次・三次感染したのは12人。沖縄に比べて発症が少ないことについて、台湾の医療関係者...
納豆

<東京都>納豆菌パワー、感染症を防ぐ

出典:産経ニュース – 納豆菌パワー、感染症を防ぐ 健康志向の高まりや和食ブームを受け、伝統的な発酵食品である納豆の需要が伸びている。今年の消費額は昨年をさらに上回る勢いで、2年連続で過去最高を更新する見通し。いまや大人から子供まで“納豆ファン”が広がってきた。納豆に含まれる納豆菌は、さまざまな感染症予防に...
ワクチン

インフルエンザ予防に懸念、ワクチンの変異で効果減退

出典:CNN – インフルエンザ予防に懸念、ワクチンの変異で効果減退 今年もインフルエンザの流行が本格化するシーズンを迎えた。米疾病対策センター(CDC)の推計によれば、昨シーズンのインフルエンザをワクチン接種で予防できた確率は42%にとどまる。その原因は、インフルエンザA型(H3N2)のワクチン株に起きた...
難聴

おたふくで両耳難聴、過去2年に14人「予防接種で防げた可能性」

出典:YomiDr.(読売新聞) – おたふくで両耳難聴、過去2年に14人「予防接種で防げた可能性」 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の後遺症で両耳が重い難聴となった人が、過去2年で少なくとも14人いたことが5日、日本耳鼻咽喉科学会が発表した初の全国調査結果からわかった。 片耳の難聴も含め計314人に上る。同...
肝炎の検査

<愛媛県>”愛媛県”を集中広報県に指定!「知って、肝炎プロジェクト」

出典:PR TIMES – ”愛媛県”を集中広報県に指定!「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター SOLIDEMO 中山優貴氏が『健康フェスタinえひめ2017』で肝炎ウィルス検査を呼びかけ 肝炎は世界で3億人以上が感染していると推計され、世界最大規模の感染症です。また、肝炎は放置すると健康に対し...