新型コロナ感染防ぐ大事な習慣 手で口押さえるはNG

新型コロナ感染防ぐ大事な習慣 手で口押さえるはNG
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 新型コロナ感染防ぐ大事な習慣 手で口押さえるはNG

2020年の年明けから、新型コロナウイルスに関する報道が途切れることなく続いている。この非常事態を受け、日本感染症学会・日本環境感染学会は2月7日に新型コロナウイルスに関する医療従事者向けの緊急セミナーを、2月13日にメディア・市民向けのセミナーを開催した。そこでの東京医療保健大学大学院医療保健学研究科教授の菅原えりささんによる話を基に、一般の人が自分自身や高齢者などの身近なハイリスク者を守るためにすべきことを紹介する。

  • 新型コロナウイルスの感染経路についてはまだ分からないこともあるが、現在考えられているのは、接触感染と飛沫感染だ。
  • 接触感染とは、ウイルスが付いた手で口や鼻を触るなどして感染すること。
  • 飛沫感染とは、感染者の咳(せき)やくしゃみの飛沫の中にウイルスが含まれていて、それを介して感染すること。
  • 通常の風邪やインフルエンザと同じく、新型コロナウイルスについても、「咳エチケット」と「手指の衛生」が2大対策。
  • 咳やくしゃみが出そうになったが、マスクは着用していない、ハンカチやティッシュをかばんから取り出して口や鼻を覆う余裕もない、という時は、自分の腕や袖で口や鼻を覆う。

続きはNIKKEI STYLE(日本経済新聞) – のサイトで

新型コロナウイルス Q&A

新型コロナウイルス Q&A<続>



この記事が気に入ったら
いいね!しよう