インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ほけんだよりプラス - インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 - 学校で予防すべき感染症シリーズ
インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、生後3か月〜5歳までの細菌性髄膜炎、敗血症、細菌性肺炎などの原因の4分の3程度を占めています。
生後3か月〜5歳児に多く、特に6か月〜2歳の子どもに好発します。インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に
分類されています。

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症の原因

インフルエンザ イラスト
インフルエンザ菌 ( インフルエンザ菌 b 型 (Hib) など )、肺炎球菌。主に飛沫感染で伝染します。不顕性感染も多く、1歳児の30〜50%が鼻腔に両菌を保菌しており、保育施設の入園後1〜2か月でその保菌率は80%程度にまで上昇します。両菌ともに保菌している期間は他への感染の可能性があります。

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症の症状

上気道炎、気管支炎、急性喉頭蓋炎、肺炎、敗血症、髄膜炎、中耳炎。日本でのこれまでのHib髄膜炎の発症は年間約600人で、約2〜3%が死亡、約 15%が脳障害や難聴などの後遺症を残すとされています。また、肺炎球菌性髄膜炎の発症はこれまでは年間約200人で、約6〜7%が死亡、約30%が脳障害や難聴などの後遺症を残すとされています。治療は適切な抗菌薬で行います。

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症の予防

2008年にHibワクチン、2010年に肺炎球菌結合型ワクチンの任意予防接種が開始
され、ワクチン接種率の良い地域での発症は減少しつつあります。2011 年から
全国的に公費助成が行われて接種率は上昇しており、2013年4月からは定期接種の
対象となっています。

登校(園)の基準

発熱、咳などの症状が安定し、全身状態の良い者は登校 ( 園 ) 可能です。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

ほけんだよりプラス - インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 - 学校で予防すべき感染症シリーズ
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう