急性出血性結膜炎 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

急性出血性結膜炎 - 学校で予防すべき感染症シリーズ
眼の結膜 ( 白眼の部分 ) に出血を起こすのが特徴の結膜炎です。1990年から94年にかけて、宮崎県、鹿児島県、熊本県、東京都、岡山県などで流行しました。。時期的には、大流行がないときには発生の 特別な季節性はなく、年齢は広範囲にわたりますが、6〜7歳以下、特に1〜4歳に多く、20〜30歳代にもやや多くみられています。急性出血性結膜炎は、学校保健安全法施行規則で第三種の感染症に分類されています。

急性出血性結膜炎の原因

急性出血性結膜炎
急性出血性結膜炎の原因は、主としてエンテロウイルスです。飛沫感染、接触感染、経口感染で伝染します。ウイルス排出は、呼吸器から1〜2週間、便からは数週間から数か月間です。

急性出血性結膜炎の症状

急性結膜炎の症状で、結膜出血が特徴。結膜充血、まぶたの腫脹、異物感、流涙、めやに、角膜びらんなどがあります。有効な治療薬はなく、対症療法が行われます。
急性出血性結膜炎

急性出血性結膜炎の予防

接触感染の予防のため、めやに、分泌物に触れないことと、手洗いを励行します。洗面具やタオルなどの共用は避けましょう。ワクチンはありません。

登校(園)の基準

眼の症状が軽減してからも感染力の残る場合があり、医師に感染のおそれがないと認められるまで出席停止となります。なお、このウイルスは便中に1 か月程度排出されるので、登校 ( 園 ) を再開しても、手洗いを励行します。



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

ほけんだよりプラス - 急性出血性結膜炎 - 学校で予防すべき感染症シリーズ
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう