<岡山県>アレルギー性疾患の関与物質特定 岡山大グループ、新薬開発に光

アレルギー性疾患の関与物質特定 岡山大グループ、新薬開発に光
出典:岡山の医療健康ガイド MEDICA – アレルギー性疾患の関与物質特定 岡山大グループ、新薬開発に光

  • 花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患を引き起こす化学物質ヒスタミンの分泌に、体内タンパク質「VPAT(ブイ・パット)」が関与していることがわかった。
  • 岡山大大学院医歯薬学総合研究科の日浅未来助教(生化学)、大学院生の竹内智也さん(同)らの研究グループが突き止めた。
  • アレルギー性疾患の治療薬としては、これまでヒスタミンの作用を抑える薬剤が多く使われてきたが、VPATの活動を抑制することで症状を緩和する新たな抗アレルギー薬の開発につながる可能性がある。
  • 眠気などの副作用が少ない利点が考えられる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう