<東京都>春・新年度 学校に行ったら先生がいない!? お別れの機会を失う東京の子どもたち

春・新年度 学校に行ったら先生がいない!? お別れの機会を失う東京の子どもたち
出典:ハフィントンポスト – 春・新年度 学校に行ったら先生がいない!? お別れの機会を失う東京の子どもたち

  • 新年度が始まりました。
  • 4月1日付で異動した公立学校の先生たち。子どもや保護者、同僚の教職員からも悲喜こもごもの声が聞こえてきます。
  • 道府県の多くの教育委員会では、4月1日付の教職員人事異動について、3月20日ごろから3月30日までに公表し、子どもも保護者も知ることができます。
  • ところが、東京都教育委員会では、未だ「4月1日までは絶対に異動のことを話してはいけない」と箝口令が敷かれ、異動する先生もしない先生も口を閉ざし、子どもが聞いても「さあ??」と何とも不思議な空気が流れます。

続きはハフィントンポストのサイトで




この記事が気に入ったら
いいね!しよう