<神奈川県>外国人児童生徒の不安解消へ横浜市教委が日本語支援拠点

外国人児童生徒の不安解消へ横浜市教委が日本語支援拠点
出典:産経ニュース – 外国人児童生徒の不安解消へ横浜市教委が日本語支援拠点

横浜市教育委員会は、来日したばかりの児童生徒や保護者の不安を解消する支援などのため、日本語支援拠点施設「ひまわり」を同市中区山田町に開設した。同施設は、平成25年に閉校した旧富士見中学校の跡地に整備され、支援が進むことに期待が集まっている。 

  • 海外から来たばかりで日本の学校のルールや文化の違い、言葉の壁、母国の学校にない教科があるといった不安のある小中学生を受け入れる「プレクラス」を開設。
  • 子供たちは、小学校低学年(1~3年)▽高学年(4~6年)▽中学校-の3クラスに分かれて、1カ月間の期間のうち水、木、金曜日に通って日本語講師の経験者と教員免許を持つ教師経験者の2人一組で指導。
  • プレクラスに出席している時間分は、通学している学校で出席扱いとなる。各クラス最大20人を受け入れるが、第1期には計52人が指導を受けた。
  • 市教委によると、市内の外国籍の児童生徒数は29年5月1日時点で9129人。このうち日本語指導が必要なのは2080人に。

続きは産経ニュースのサイトで

<東京都>医療機関受診のための多言語ガイドブック


この記事が気に入ったら
いいね!しよう