マダニ感染症、増加傾向 発生地域拡大の懸念も

マダニ感染症、増加傾向 発生地域拡大の懸念も
出典:日本経済新聞 – マダニ感染症、増加傾向 発生地域拡大の懸念も

マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の感染者が増加傾向だ。国立感染症研究所によると、今年の感染者数は2013年以降で最多。マダニが付着した野生動物の移動に伴って感染地域が広がる懸念もあり、厚生労働省は注意を呼びかけている。

  • 感染研によると、9月末時点の感染者数は74人。そのうち6人は重症化し、死亡した。
  • SFTSが保健所への届け出の対象となった13年の感染者は40人、14~16年は60人前後だった。
  • 増加の要因ははっきりしていないが、厚労省の担当者は「マダニに寄生されたシカなどの野生動物が山を下りて人家の近くに出没するようになったことが考えられる」と分析。
  • 症状が一般に認知された結果、医療機関からの報告が上がりやすくなったことも背景の一つだという。

続きは日本経済新聞のサイトで

疥癬(かいせん) – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう