SFTSを媒介 死亡も相次ぐ マダニ感染最多

SFTSを媒介 死亡も相次ぐ マダニ感染最多
出典:日本農業新聞 – SFTSを媒介 死亡も相次ぐ マダニ感染最多

マダニが媒介する感染症の2019年の発症数が過去最多ペースで増え、自治体などが注意を呼び掛けている。国立感染症研究所が29日に発表したマダニ媒介による重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の感染報告が20日現在で92人と、統計を取り始めた13年以降で最多となった。

  • SFTSは、13年に国内で初めて報告された感染症。感染者数は17年の90人が最多だったが、19年は10月20日までに92人となり上回った。
  • 山口県11人、徳島県9人、島根、長崎、宮崎、鹿児島県がそれぞれ8人と、中国四国、九州での報告が目立った。
  • 日本農業新聞の調べでは少なくとも5人が死亡した。広島県では感染者数は7人の報告があり、10月に80、90代の女性2人が亡くなった。
  • 日本紅斑熱は、20日までに248人の感染報告があった。
  • また、統計を取り始めて以降、合わせて16人が犬と猫から感染したことが確認され、SFTSを発症した動物から感染するリスクも指摘されている。(NHK)

続きは日本農業新聞のサイトで

SFTS(重症熱性血小板減少症候群) – ダニ媒介感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう