格闘技通じて感染する水虫菌…頭や体部に寄生、毛が生えなくなるおそれも

格闘技通じて感染する水虫菌…頭や体部に寄生、毛が生えなくなるおそれも
出典:YomiDr.(読売新聞) – 格闘技通じて感染する水虫菌…頭や体部に寄生、毛が生えなくなるおそれも

関東地方の男性(22)は、2010年6月、頭や首筋にできた赤い小さな斑点に気づいた。だんだん大きくなり目立つようになったため、近くの皮膚科を受診したところ、水虫菌( 白癬はくせん 菌)の一つ、「トンスランス菌」が原因とわかった。頭や体をぶつけ合う格闘技を通じた感染が多く、男性も、幼稚園から柔道を続けていた。

  • 「トンスランス菌」は、水虫菌の中でも、感染力が強い。皮膚や毛髪が含むたんぱく質を栄養として、主に頭や体部(顔、胴体部分、手足)に寄生。
  • 皮膚同士の接触で人からうつる。床に落ちた毛髪やあかから感染することもある。
  • 国内では2000年ごろ、柔道やレスリング、相撲の競技者間での流行が始まった。国際試合で外国人から日本人にうつったと思われる。
  • 菌は、長期間生き残る。周囲への感染を防ぐためにも、抗真菌薬でしっかり治療する必要がある。
  • 症状は個人差があり、頭部ではほとんど出ないこともある。軽いと放置してしまい、保菌者として人にうつす可能性がある。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで

白癬感染症(トンズランス感染症) – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう