<福井県>SNSの危険性、歌で呼び掛け 福井の女子大生4人組、量販店で披露

SNSの危険性、歌で呼び掛け 福井の女子大生4人組、量販店で披露
出典:福井新聞ONLINE – SNSの危険性、歌で呼び掛け 福井の女子大生4人組、量販店で披露

増加傾向にあるサイバー犯罪への備えについて意識を高めてもらおうと、福井大3年の女子学生4人でつくるユニット「サイバニクス」が5日、啓発ソングを福井市のアピタ福井大和田店で披露した。

  • 女子高校生が注目を集めたい一心で、会員制交流サイト(SNS)に個人が特定される恐れのある投稿を繰り返していく様子を歌詞で表現。
  • 犯罪に巻き込まれかねない安易な行動に注意を呼び掛けている。
  • 4人は大久保遥さん、吉村友初さん、西永恭子さん、三好結月さん。同大教育学部の岸俊行准教授(教育心理学、教育工学)のゼミ生で、今年5月に県警からサイバー防犯ボランティアに委嘱されたのをきっかけに活動を始めた。
  • 啓発ソングは「本当の世界」という題名で、この日は事前に収録した歌を披露した。4人で作詞し、三好さんが作曲、県警サイバー犯罪対策室の職員が編曲や録音などを担当。

続きは福井新聞ONLINEのサイトで

参考:福井大学


この記事が気に入ったら
いいね!しよう