発達障害の子どもを正しく理解していますか

発達障害の子どもを正しく理解していますか
出典:東洋経済ONLINE – 発達障害の子どもを正しく理解していますか

発達障害とは、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」(発達障害者支援法より)

  • 首相官邸によると、特別支援学級在籍者数は、2004年の90851人から、2014年には18万7100人へと増加。
  • 通級による指導を受けている児童生徒数も、2004年の3万5757人から、2014年の8万3750人へと増加傾向に。
  • いずれも、発達障害のある子どものニーズが増加しているからだとされています。
  • 文部科学省は、全国の公立小中学校の約5万人を対象にした2012年の調査結果で、「知的発達に遅れはないものの学習面又は行動面で著しい困難を示す」とされる、いわゆる”発達障害の可能性のある”児童生徒の割合は6.5%であると公表。

続きは東洋経済ONLINEのサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう