致死率25% マダニで感染する「SFTS」 はどう防げばいい?

致死率25% マダニで感染する「SFTS」 はどう防げばいい?
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 致死率25% マダニで感染する「SFTS」 はどう防げばいい?

先月の5月、都内在住の50代男性が「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染したと東京都が発表。2013年1月に日本で初めて報告されて以降、西日本を中心に猛威を振るっている感染症で、この男性は関東で初の患者。私たちは何を知っておくべきか?

  • SFTSはマダニを媒介とするウイルス感染症だ。男性は、長崎県を旅行中にマダニに噛まれて感染したとみられている。
  • この感染症は、致死率が高い。今年5月29日までに患者数は421例報告されており、死亡例は66例。
  • しかしもっと多いのではないかと専門家は指摘する。
  • 国立感染症研究所獣医科学部の前田健部長も、「後の追跡調査でSFTSと判明したものも含めると、低く見積もっても致命率は25%を超えるのではないか」と言う。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで

SFTS(重症熱性血小板減少症候群) – ダニ媒介感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう