ヒャダインさんも悩んだ乾癬 10年で治療が進化

ヒャダインさんも悩んだ乾癬 10年で治療が進化
出典:NIKKEI STYKE(日本経済新聞) – ヒャダインさんも悩んだ乾癬 10年で治療が進化

「乾癬(かんせん)」とは、特徴的な皮疹が見られる慢性炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者がいるとされる。その治療はこの10年で大きく進歩したが、一方で自分に合う治療法に出合えていない患者や、過去に病院で「治らない」と言われてそのまま治療を諦めている人も多い。また、見た目に分かる症状から偏見が生じることもある。アッヴィ主催・乾癬メディアセミナーより、帝京大学医学部皮膚科学講座主任教授の多田弥生さんによる乾癬を取り巻く社会課題と乾癬治療の最新事情に関する話、および音楽クリエーターのヒャダインさんら乾癬患者の声を紹介する。

  • 「乾癬」は、本来なら外来微生物を攻撃するための反応が、攻撃対象となる微生物がいない皮膚で起こってしまう慢性炎症性皮膚疾患。
  • 白血球などが集まって皮膚に炎症が起こり、赤く盛り上がる。患部の皮膚表面では新陳代謝が活発になり、正常な皮膚が作られないためカサカサと乾燥する。
  • これが硬くなると銀白色の「鱗屑(りんせつ)」と呼ばれる皮膚片が、フケのようにはがれ落ちたりする。
  • 持続的なかゆみがある患者も多く、中には炎症により関節の腫れや痛みを伴う場合もある。このように乾癬は、皮膚の症状が特徴的な、免疫の働きが関わる疾患であると考えられている。

続きはNIKKEI STYKE(日本経済新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう