<岩手県> 鶏肉から基準超の抗生物質 岩手県が回収命令

岩手県の鶏肉の加工会社が、スーパーなどで販売するために食用に処理した鶏肉から国の基準を超える抗生物質が検出され、岩手県はこの会社に対し、問題の鶏肉と同じ養鶏場から仕入れた、およそ3100羽分の鶏肉を回収するよう命令しました。

Screenshot

NHK

鶏肉から基準超の抗生物質 岩手県が回収命令

基準を超える抗生物質が検出されたのは、岩手県軽米町にある鶏肉の加工会社で、大手食品メーカー「ニチレイ」のグループ会社、「フレッシュチキン軽米」が食用に処理した鶏肉です。
岩手県が先月30日に、この会社に対して定期的な立ち入り検査を行ったところ、県内の養鶏場から仕入れ食用に処理した鶏肉から、鶏の病気の予防や治療に使う抗生物質「テトラサイクリン類」が、国の基準のおよそ2倍に当たる0.41ppm検出されたということです。
検査
このため、県は食品衛生法に違反しているとして、この会社に対し、同じ養鶏場から仕入れて処理した3101羽分の鶏肉を回収するよう命令しました。

県は、この鶏肉を食べたとしても、ただちに健康への悪影響はないとしています。
「ニチレイ」によりますと、問題の鶏肉の大半は、関東地方のスーパーに出荷されたということで、会社側は店側と協議したうえで、消費者に回収を呼びかけるということです。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう