鼻水はなぜ出る?

鼻水はなぜでる?
出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 鼻水はなぜ出る?

  • 風邪をひいたりアレルギー性の鼻炎になったりすると、止まらなくなる鼻水。鼻水が出やすい今の季節、どうして出るのかを探った。
  • 鼻は、においをかぐ、呼吸をする以外に、どんな役割があるのか。
  • 適切な温度や湿度になるよう調整するエアコンのような機能や、吸い込んだ空気中に含まれる異物を取り除くフィルターのような機能がある。
  • 鼻の中の粘膜を覆う粘液は粘膜の内部にある鼻腺という器官で作られ、普段から粘膜を湿った状態に保っている。
  • 吸着した異物を含む粘液は、粘膜の表面にある 線毛(せんもう)と呼ばれる微細な毛のような組織の規則的な動きにより、鼻の奥でつながる喉へと押し流される。
  • 粘膜が炎症などを起こした場合、鼻腔の異変を察知し、副交感神経が粘液を大量に作る命令を出す。
  • 「くしゃみと同様、鼻に入った異物を排除する防衛反応の一つが、鼻水と言えます」と解説。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう