<和歌山>喫煙経験率が10分の1に激減 たばこの危険性教えた効果テキメン

喫煙経験率が10分の1に激減 たばこの危険性教えた効果テキメン
出典:産経WEST – 喫煙経験率が10分の1に激減 たばこの危険性教えた効果テキメン 和歌山

  • 和歌山県新宮市と新宮保健所が厚生労働省と日本公衆衛生協会の「衛生教育奨励賞」を受賞。
  • 小中学生に対する十数年にわたる「防煙教育」で、中学生の喫煙経験率が10分の1に低下したことなどが評価。
  • 地域で地道に取り組む喫煙対策にも、大きな効果があることが立証された形。
  • 健康増進法の制定をきっかけに同保健所が平成14年度、アンケートを実施したところ、中学生の喫煙経験率は30・6%だった。

続きは産経WESTのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう